新生響きブリッジファンド
設立趣旨 新生響きブリッジファンドは、2000年代に設立されたファンドの大量償還に対する受け皿としてのニーズに応え、既存株主から株式を引受けるとともに、投資先企業の成長を支援するために設立されました。
ファンド概要
正式名称 新生響きブリッジ投資事業有限責任組合
ファンド設立  2017年3月
ファンド総額  3億円
投資方法 既存株主からの相対取引
投資対象 バイオベンチャーおよび国内のレイターステージのベンチャー企業
担当者 植田、小倉
ファンドの特徴 ■ バイオベンチャーおよび国内のレイターステージのベンチャー企業の発行済株式を既存株主から相対取引により取得
■ スピーディーな投資判断
■ 響きパートナーズおよび新生企業投資が共同GPとして運営
■ 新生銀行がコア投資家としてLP出資によるリスクマネーを提供
■ 響きパートナーズがIPOコンサルティングの豊富な実績とノウハウを活かし、IPO準備を支援
■ 資金調達ニーズにはバイオベンチャーへの投資実績が豊富な新生企業投資と連携
投資対象 ■ バイオベンチャーの発行済株式
  シーズを持つ全てのステージの企業
■ バイオベンチャー以外の発行済株式
  レイターステージのベンチャー企業
ファンドスキーム
連絡先 響きパートナーズ株式会社
東京都千代田区麹町五丁目3番地
03-5212-4360
新生企業投資
東京都千代田区大手町一丁目9-7
03-6860-9660(代)